teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
  6. ぽろりっ(0)
  7. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2838/14216 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

帯状疱疹後神経痛 痛みにアーシング

 投稿者:ぎんなん治療院  投稿日:2017年 7月10日(月)11時22分43秒
  通報
  6月4日に始まった、帯状疱疹から帯状疱疹後神経痛です。60歳代、女性。

 ほとんど、毎日何らかの治療をしています。背中に始まった神経痛が、少し降りて肩甲骨の下に、これがおさまると次は胸、こちらもおさまって今度は脇の下です。
 脇の下は、それほど帯状疱疹が出ていなかったのですが、やはりデリケートな部分だからか、神経痛がおさまりません。

 昨日の治療で良くなってきたのですが、まだ、痛みが続いています。どことは無い、つかみどころのない、脇、胸、腕に出てきます。
 これにアーシングすることにしました。
 裸足で外を歩いてもらえば良いのですが、なかなか痛みもあって外出もままなりません。

 アースを取ったアルミ製の網に乗ってもらうと、冷え症の足が温かくなってきました。
 アルミ箔を脇に挟んでアースすると、痛みが出無くなりました。
 外すと痛みが再燃するのですが、弱くなっています。もう一度、アルミ製の網に素足を乗せてもらうと、痛みが無くなってきました。
 現状は、アーシングで鎮痛できるようです。

●裸足、裸は基本です。患者さんには、極力、裸足で庭に出てもらう、散歩する、裸で寝てもらうと治療効果が上がります。
 暖かくなりましたので、裸足のランニング、裸足の散歩、裸で寝るのもおすすめやすくなりました。 
 
 
》記事一覧表示

新着順:2838/14216 《前のページ | 次のページ》
/14216