teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
  6. ぽろりっ(0)
  7. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


本日、井穴刺絡意見交換会

 投稿者:ぎんなん治療院  投稿日:2017年 5月28日(日)05時22分44秒
  午後1時より、横浜で、井穴刺絡意見交換会を開催いたします。
参加無料、どなたでもどうぞ。

横浜浦舟コミュニティハウス 10階 第1会議室で行います。

お忙しいところ恐縮ですが、沢山の方のご出席をお待ちしております。

会場の住所です。横浜市南区浦舟町 3-46 ℡045-243-2496
 
 

排尿 前立腺肥大 残尿

 投稿者:ぎんなん治療院  投稿日:2017年 5月27日(土)18時13分20秒
  40歳代男性。前立腺肥大、残尿が多くスッキリしません。

 前回の治療後、患者さん自身でも泌尿器系・腎経F3井穴刺絡を中心に治療したところ、病院での検査で、残尿が少なく、驚かれたそうです。
 井穴刺絡はやっているので、ほかに何かあるだろうか?と相談です。

 いくつかあるかもしれませんが、排尿がスッキリしないことを考えると、運動をお勧めしました。
 下腹部、体幹を鍛えることをすると、前立腺肥大のような症状が改善することが多く、私自身も体験があるので、しかも、悪い副作用なしです。
 患者さんは、ずいぶんとポッチャリなので、ダイエットにも良いかもしれません。
 簡単な運動をお教えして、ピラティスの体験に行ってみることをおすすめしました。
 

患者さんにとって、重大事項は…腰痛?心臓?肝臓?腎臓?

 投稿者:ぎんなん治療院  投稿日:2017年 5月27日(土)09時04分56秒
  やや太めの60歳代、女性の患者さん、、、腰の痛みや足の痛みの治療の診察と同時に、お腹を押さえての腹診、深呼吸をして心臓などの具合も見るようにしています。

 内臓の状態は良い、腹診で痛みはありません=とりあえず、調子が良いからこれだけ太れる。「何を食べても痩せます」のとは、違うのです。

 深呼吸をしてもらうと「どこに空気が入っているのかわかりません」
 私が「空気は、胸?ミゾオチ?お腹?ですか」と聞いても、空気が深呼吸で入ることすらわからないのです。

 患者さんにとって、腰痛や足の痛みも重要ですが(とりあえず、これではすぐに死なないとして)、心臓は、もしかすると、止まるかもしれないのです。
 深呼吸後、H3井穴刺絡をやったところ「空気がお腹に入るのがわかります」でした。

 腰や足が痛いのは、ぎんなん治療院に来るための“きっかけ”であって、重要な症状を持って治療が必要なのは、心臓も!?、なのかもしれません。
 

太ももの痛み

 投稿者:ぎんなん治療院  投稿日:2017年 5月26日(金)19時01分3秒
  60歳代、女性。右の太ももの付け根に、角度によって痛みが出ます。

 腰の痛みはないか?と動診をしますが、どの動きでも腰に痛みは出ません。
 太もも、膝の動診にしゃがみ込んだり正座をしたり出も痛みは出ません。

 座位で、右足を左膝に乗せるのがつらい、右足が上がりにくく、開脚ができません。
 開脚の動きは、肝経なのでF2の圧痛点を私が押さえてみると、動きが良くなります。
 F2井穴刺絡をずいぶん良くなったのですが、今度は、足の付け根の内側の痛みが強く感じると言われます。
 これは、腎経?

 足の腎経F3から押さえると、薬指との股に圧痛点があり、これに円皮針を貼ると、足上げ、開脚が楽になりました。
 F3井穴刺絡後は、さらに楽になったので、座位での脚の持ち上げで考えられる、太ももの付け根、腎経の、恥骨外側の圧痛を調べました。

 激痛の圧痛が恥骨の外側に3か所ありましたので、円皮針を貼ると、足上げ、開脚、いずれも改善して、治療を終了しました。
 

ありがとうございます。

 投稿者:さい  投稿日:2017年 5月26日(金)15時07分59秒
  胃に関しては前回も今回も全く手つかずなので、胃の問題の可能性は低いと思います。

腹診は前回の手術で付けた人口肛門の傷と、今回付けた人口肛門、お腹の老廃物を出す管がまだ入っているので、ちょっと厳しいですね。

今、左F1、6の刺絡をしました。

私が毎日来られないので、母か看護師さんにF1、6に貼った円皮鍼を刺激をしてもらうことにします。
 

胃液が溜まる

 投稿者:ぎんなん治療院  投稿日:2017年 5月26日(金)13時03分41秒
  さいさん、こんにちは。手術、成功で良かったですね。

 手術では、皮膚を切り、筋肉を切って、内臓を切る、この時に神経も切りますので、切った具合によっては、内臓の働きが変化することはよくあることです。

 胃液が溜まる
 小腸に流れていかない

 を考えると、胃の自律神経は、それなりに働いているようです、薬か何かで胃酸の分泌をコントロールしてれば別ですが、食欲があっていさんが分泌しているのでしたら、手術の影響は、胃に関しては、それほどなかったのかな?です。

 小腸に降りて行かない、となれば、小腸、大腸の、副交感神経の働きが抑制されている状態にあると思います。
 全部の神経をとっているわけではありませんので、残っている神経にがんばってもらわなければならない、ので、腸の交感神経を抑制して副交感神経を働かせる左足のF1F6井穴刺絡を数日やってみたらどうでしょう?

 お腹を押さえて“腹診”と、お父さんにお腹の具合を聞き、お腹の動き、胃液の流れを観察しながらやれば、初回の治療で何らかの変化があるのではないかと思います。
 これで変化がなかった時、確実に、胃酸の分泌が異常に多い!となった時に、副交感神経を抑制するH5F5井穴刺絡です。

 が、手術を考えれば、交感神経を抑制する治療を優先させた方が良いと思います。
 

胃液が溜まる?

 投稿者:さい  投稿日:2017年 5月26日(金)11時48分59秒
  いつもお世話になっています。

私の父ですが、先週、大腸の手術を行い無事に成功しました。

が、なぜか何も処置していない胃に胃液などの水分が溜まり、小腸以下にスムーズに流れていかない状態で人工的に水分を吸い上げている状況です。

水分を吸い上げている時はいたって元気で院内をウォーキングなどしています。

この場合、やはり左F1、6の刺絡の他にはH5F5が有効と考えられるでしょうか?

幸い、以前の手術後の癒着などは無いようです。
 

目力が無い ムズムズ やる気が出ない

 投稿者:ぎんなん治療院  投稿日:2017年 5月26日(金)11時41分59秒
  70歳代男性。ほとんど健康状態なんですが、足の動きが悪い?運動不足、力が入らないのです。
 食事をすると、直ぐにテレビの前に座って、ジーッとしています。
 これでは、今後の生活で、足の弱り、転倒、骨折、介護生活となりそうです。
 奥さんは、まだ、それほどの危機感はありません。
 が、私の両親の話や高齢の患者さんのお話をしていると、だんだん、本気になってきました。

 朝食後から、何をするでもなく椅子に座って…やる気がない、特に感じているのが“最近目力が無くなってきた”です。
 眠りが浅く、夜中に足がムズムズすることがあるそうです。

 朝から元気がない、、、やることが無いから、かもしれませんが、それにしても元気が出ないのです。
 朝の元気は、今日何をやるか目標があるか!?にも関係しますが、その目標を作るのも、元気がなければできません。

 治療は、元気を出して、目力を出すために、H5F5井穴刺絡=交感神経を働かせて(アドレナリンの分泌?)安全で、合法的な、ドーピング?です。
 腎臓もちょっとお疲れでしたので、F3F4井穴刺絡もやって、その後にH5F5井穴刺絡です。

 血圧は120-80と、この年齢にしては、ちょっと低目ではないかと思います。
 元気の良い奥さんは150-90くらいで、今、ご主人が飲んでいる血圧の薬は、奥さんが飲んだ方が良いのではないかな?です。

 奥さんは、以前、ちょっと血圧が高いと言われて、血圧の薬を飲んだところ、血圧が下がって、とんでもなくつらい状態になったことがあるそうです。
 150血圧が、私には、ちょうど良いと感じているそうです。それは、ご主人も同じかもしれません。

 このまま足が弱って、転倒、骨折、介護となると、面倒を見るのは…奥さんです。
 

腰痛の治療実技

 投稿者:ぎんなん治療院  投稿日:2017年 5月26日(金)07時05分27秒
  養生会で腰痛の解説をしました。その腰痛実技を行っています。

 前半は、腰痛のお話をして、後半に参加された女性をモデルにして、肝臓の腰痛、胆のうの腰痛、腎臓の腰痛などの井穴刺絡治療を行いました。

 自分でやる百会の頭部刺絡を私自身がやっています。正中線上の痛み、腰痛も真ん中が痛む、両側が同じように痛い時に百会の刺絡をします。

 

両足、つま先の痛み 石を踏んでいるような痛み

 投稿者:ぎんなん治療院  投稿日:2017年 5月24日(水)16時39分30秒
  84歳、女性。子どもの頃に虫垂炎の手術。4年前から、つま先に石を踏んでいるような痛みがあります。あまりに痛いので、歩くのに力が入らず、転倒することが何度もあります。

 整形外科でインソールを作りましたが、歩くのに不自由なためしばらく使って止めています。
 内科の病院にも行ってましたがわからず、整形外科を紹介されレントゲンなどの検査ではまったくわからない?
 「悪いところはありません」と言われたそうですが、患者さんは歩くのもつらいくらいの痛みがあります。

 立ちあがると痛みが増します。右足のほうが痛みを強く感じます。
 患者さんが感じているのは、つま先です。
 片足立ちをすると、右足ではフラフラします。

 患者さんの訴えるつま先の圧痛を探しますが、ありません。
 両足の中指の両横と指の股に激痛の圧痛点があります。
 円皮針0.6を貼ると、、、つま先の痛みは半減しました。

 しばらく待つと、右足はやや外側に痛みを感じるようになりました。
 足の薬指に圧痛点があり、これに円皮針を貼りましたら、さらに痛みは軽減しました。
 足の指ですので、外れて刺さると痛いので、ハペパッチにすると、さらに痛みは…ほとんど無くなりました。

 また、片足立ちをしてもらうと、右足のフラフラはまだあります。
 虫垂炎の手術をしているので、壁に背中を付けて右下腹部の圧痛点を探すと、6カ所の圧痛(傷痕は痛み無く、傷からへそ側に圧痛)、癒着の圧痛と考えられますが、円皮針を貼りました。
 再度、片足立ちをすると、先ほどよりもしっかり立てるようになっています。
 この時点で、足の裏の症状は、無くなっていました。

 4年間の足のつま先の痛み、痛いのは足の指や指の股でした。
 今まで治療した人は、誰も患者さんの足をさわっていない、痛みを確認していません。
 あまりに、あっけなく?治ったので、患者さんはやや混乱しているようでした。
 

レンタル掲示板
/1122